原発事故サバイバルハンドブック

| コメント(0) | トラックバック(1)

情報一覧に戻る  次のページ

チェルノブイリ事故を受けて僕が20年ぐらい前に作ったパンフレットです。再短時間で被曝を最小化するための判断をするためのものです。当時の考えで作ったものですので、今は考えが変わっている部分もありますが、修正の時間が無いのでそのまま公開します。今の時代には合わない点やお恥ずかしい点もありますが、基本的な部分は問題無いと思います。時間の問題で大きな画像しかアップ出来ていません。いろんな方が別の形でアップして下さっています。内容は確認していませんが、ダウンロードしやすいと思いますので、ご判断ください。

MedicomさんがiPhone/iPad向けの電子書籍にして下さいました。紹介が遅れてすみません。115円ですが収益は全て寄付されますので、僕の取り分はありません。

PDFダウンロードはこちら

テキスト版ダウンロードはこちら

P1000215.jpg

【27】雨が降ってきたときに
【28】遮断機や検問の前で
【28】自動車で動きが取れなくなった場合
【28】公民館などに収容されたら

【29】とりあえず、避難を終了したとき
【29】休息、睡眠の前に
【29】かなり被曝してしまったときに

【30】警察と政府
【30】自衛隊が出動している
【30】口の中に金属の味がする
【30】空気・空の色がおかしい
【30】冬でもないのに木の葉が落ちている

【31】食事・水について注意すること
【32】周りがパニック状態におちいっている
次のページ

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://wiredvision.co.jp/webapps/mt-tb.cgi/106

わたしのワクワク・ライフ - 原発事故サバイバルブック (2011年4月16日 01:57)

もっと知りたい人に・・・ 冷静に読めて、分かりやすいです。 合原亮一さんのブログ http://wiredvision.jp/blog/gohar... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ryoichi Goharaが2011年3月15日 20:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「福島原発放射能放出対策の最新情報」です。

次のブログ記事は「原発重大事故の際に参考になりそうな情報のまとめ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。